アルバイトを積極的に経験しよう

アルバイトでも書面で契約書を取り交わす

PAGETITLE
社会で必要になるのが契約書です。ビジネスでは必ずといっていいほど行われ、後々トラブルが生じたときはこの契約書を元に話が進められることがあります。契約書は必ず守られなければならないわけではなく、法的に問題がある部分は法律に基づいた契約内容に変更されます。そういったことも契約書を確認することで知ることができます。

正社員として会社と雇用契約を結ぶときは契約書を取り交わすでしょう。基本的には就業規則に基づいて行われますが、社員と個別に内容を交わすこともあります。この書類は退職をするまで持っておく必要があります。ではアルバイトの場合はどうでしょうか。雇用契約書のやり取りは必要ないでしょうか。その場で採用して次の日から仕事をするなどがあるようです。

実際のところは正社員であろうとアルバイトであろうと雇用契約には違いがありません。将来的に何の問題もなければよいですが問題が生じたときにどのような雇用契約が行われていたかがわかりません。それを証明することができるように書面をもらっておいた方がよいでしょう。採用側からもらえないときは応募者の方から雇用契約書がどうなっているかを訪ねてみましょう。そして作成してもらうようにしましょう。

人気の求人に関わる話は、情報量が多いこのサイトがおすすめですよ!!